ここまでやれば抜かりなし!シェービング後のアフターケア

シェービングは安全で手軽なムダ毛ケア法ですが、生えている毛を剃るので、どうしても肌にとって刺激になったり、ダメージを与えてしまったりすることがあります。肌トラブルを避けるためにもアフターケアをきちんと行いたいところです。シェービング後に行いたいアフターケアについてご紹介します。

シェービング後だけではない!スキンケアの基本中の基本

最も大切なのは、保湿することです。シェービングで毛を剃る際に、どうしても肌表面の角質も一緒に削れてしまいます。余分な角質が削られるだけならいいのですが、中には角質を取り除きすぎてしまうこともあります。これが肌の乾燥につながり、毛穴の開きや黒ずみを招いてしまうこともあるのです。シェービングの後は、化粧水やクリームで保湿することを忘れないようにしましょう。

もしも、いつもと違う感じがしたら?

また、シェービングの刺激で肌が赤くなってしまった場合には、保冷材などで冷やして炎症を押さえます。赤みが出ているときは、細かな傷に化粧水などが染みる可能性がありますので、何も塗らずに様子を見たほうがいいと思います。

意外と忘れがちな、剃刀のケア!

剃り終わったカミソリの刃のケアも大切です。濡れたままにしておくと刃がさびてしまうので、きちんと水気をふき取った状態で保存しましょう。できれば、アルコールなどで消毒しておくと、衛生面でも安心です。