意外としらないブライダルシェービングの効果!

ブライダルシェービングという言葉があるくらい、花嫁にとって顔のシェービングは身近なものですが、なぜ花嫁にシェービングが必要なのでしょうか?その理由をご紹介します。

化粧ノリに大きく差がつくブライダルシェービング

まず、シェービングによって化粧のりがよくなるということが挙げられます。顔には個人差こそあれ、無数の産毛が生えていますが、それを剃ることで表面が均一に滑らかになり、ファンデーションののりがぐんとよくなります。化粧崩れを防ぐためにパウダーなどをはたく場合もあると思いますが、産毛がないことで、その粉っぽさも防げます。

思い出の写真に美しく映れる!

次に、写真写りが良くなるということがあります。上記のように、ファンデーションなどの粉っぽさがなくなるということもありますが、産毛がなくなることで、肌に透明感が出て肌が白く明るくなるということも大きな理由です。なぜ肌が明るく見えるのかというと、産毛によってできる影がなくなるからです。「白肌は七難隠す」と言われるくらい、白い肌は美しく見えますから、写真写りがよくなるのも頷けます。

ハネムーンも安心!

ハワイやグアムなどリゾート地でのハネムーンを予定している場合は、水着になったり露出の高い服を着る機会も多いものです。そんな時、事前にブライダルシェービングに行っていれば安心してすごせます。結婚式でも美しく、ハネムーンでもキレイな肌で過ごせるので一石二鳥です。

一生のうちで最も人に注目され、写真に残る日であると言っても過言ではない結婚式、美しい肌で迎えたいと思うのは当然ですよね。そのサポートをするのがブライダルシェービングです。これから花嫁になる皆さん、ぜひ試してみてください。

ブライダルシェービングは何日前に行うのがベスト?

ブライダルシェービングという言葉があるくらい、花嫁にとって顔のシェービングは身近なものですが、なぜ花嫁にシェービングが必要なのでしょうか?その理由をご紹介します。

ベストタイミングは、挙式3日前!

タイミングとしては、3日前くらいがいいとされています。 なぜかというと、できるだけ剃りたてのほうがきれいだからです。 剃ってしばらくするとまた産毛が生えてくるので、人によっては多少チクチク感じる場合もあります。産毛がしっかりしている人ほど、直前のほうがいいようです。 ただし、シェービングはどうしても刺激があるので、赤みが出る場合もあります。もし当日に赤みが残ってしまってはいけないので、万が一赤みが出ても引くように、3日前くらいがちょうどいいとされています。 ちなみに、私の場合は2日前に受けました。日曜の朝からが挙式で、金曜に夜に受けたので、正確には1日半前くらいでしょうか。肌が強かったことと、産毛がしっかりしていたことから、直前のシェービングになりました。私の場合は直前でしたが、敏感肌の方や、毛が薄い方などは1週間前くらいがいいという話もあります。

生理が重なりそうな時は、1週間前くらいが理想的

生理前は、肌が敏感になるため普段はなんともなくても、何が起きるかわかりません。 このため、理想的には生理が始まる前にブライダルシェービングを済ませておきたいところです。 でも毛が生えてきてしまうのが心配!という場合は挙式から1か月前くらいに一度試しにシェービングし、1週間後がどんな状態か確認しておきましょう。