肌トラブルを起こさないために上手に顔シェービングするコツ

顔のシェービングには、化粧のりをよくしたり、肌を明るく見せたり、肌荒れを防止したりといったメリットがたくさんあります。特別な日だけでなく、定期的にシェービングを行いたいところですが、そうなると自分でシェービングするのが便利ですよね。自宅でシェービングを行うときのコツをご紹介します。

顔のシェービングは、お風呂上がりがベスト!

まずはシェービングのタイミングです。皮膚が柔らかくなっているお風呂上りに剃るようにしましょう。お風呂の中だと湿度が高く、雑菌も繁殖しやすいので、お風呂上りがおすすめです。

産毛が目立つ白い光のしたでシェービングしましょう。

次に、明るいところでクリームを使って剃ることです。産毛が見えやすい明るいところで行いましょう。素肌にカミソリの刃を当てると刺激が強いので、肌あたりを柔らかにするためにクリームを塗ってから剃ります。

肌はぴんと張り平たい状態でシェービングしましょう。

次に剃り方ですが、カミソリを持っていない反対の手で、肌を引き伸ばしながら剃るときれいに剃れます。顔には凹凸が多いため、剃り残しができたり、刃が変に当たって傷になったりしやすいので、細かいところは特に肌を伸ばしながら剃りましょう。

新品カミソリは試し刷をしてから、シェービングをしましょう。

最後にカミソリの刃です。カミソリの刃は新しい方がいいですが、新品だと深剃りしてしまったり、力の入れ加減が分からなかったりするので、腕などを一度剃って慣れてから使うと失敗しにくいです。カミソリ自体も、1回使った刃くらいの切れ味がちょうどいいです。 以上が、自分で顔をシェービングするときのコツです。ポイントを押さえて、産毛のない肌を手に入れましょう。