すべりを良くするだけではなくクッション

シェービングに欠かせないのが、肌表面にクッションを作り、肌への負担をやわらげるシェービングフォームやクリームです。中には、石けんで代用しているという方もいるかと思いますが、石けんの泡でシェービングしてもいいのでしょうか?素朴な疑問にせまりました。

石鹸と肌の密着時間はなるべく短く!

結論から述べてしまうと、石けんでシェービングするのはNGではありません。中には、「石けん剃りができる」とうたっているカミソリもありますよね。ただし、石けんでシェービングを行う際には、気をつけたいことがあります。それは、石けんの泡を長時間肌にのせておかないということです。ご存知の通り、石けんは本来、肌の汚れや余分な皮脂を落とすものです。長時間肌の上にのせていると、石けんの洗浄成分により、肌にとって必要な皮脂まで奪ってしまい、乾燥してしまうことがあります。

石鹸をシェービングフォームのように泡立てましょう。

石けんを使ってシェービングを行う場合には、一度に体全体に泡をのせてしまわずに、右脚だけにのせて剃って流し、次は左脚・・・という具合にパーツごとに分け、肌にのせる時間が長くなりすぎないようにしましょう。また、しっかりした泡を作ろうと、石けんやボディソープを多く使ってしまうと、石けんの洗浄力が強まり、やはり肌が乾燥する原因になります。適量をしっかり泡立てて使うのが一番です。面倒だという方は、泡で出てくるボディソープなどが便利ですよ。

体全体に一気に泡をのせてしまうと、泡だれしてきれいに剃れないなど、あまりいいことがありません。石けんで剃るときは、パーツごとに少しずつ、を心がけましょう!